· 

小説よりも奇なり。『価値観』


こんにちは。

お陰様で最近も、色々と忙しく過ごせております。ありがとうございます。

 

 

さて、思い起こせば、1年前の5月、私は施術料の大幅な改定をしました。

あの当時、いくえさんと話す中で、

「あなたの価値は?あなたにとっての価値は?何を売り出しているの?」

という質問が多々ありました。

 

正直、私はすぐには答えられませんでした。当時の、私の中にあったものは、どれも自信が持てなかったのです。

 

いくえさんは私に、

「あなたの施術は本当に素晴らしいと思ってる。だから、その施術以外のところで、付加価値をどれだけつけられるかだと思う。」

と言われたのです。

 

 

付加価値・・・

それまで考えたことすらありませんでした。

「施術で結果さえ出せば、認めてもらえる。」という気持ちが大きかったように思います。

 

もちろん、結果も大事です。だけど、その先に進みたいのであれば、それだけではないのだと、何度も何度も言われたのです。

 

 

まずは、料金の改定。そして、その料金は施術の対価なのですから、それ以外のところでの付加価値をどうつけていくか。。。

それは、もう本当にコツコツと積み重ねるしかないということも、知りました。

 

 

それまでの自分のちゃらんぽらんな考えや、時間の使い方。。。

 

 

ある日、いくえさんと夕方、カフェに行きました。

それまでの私は、カフェに行くことすらほとんどなかったので、少し緊張しながら行きました。

オーダーを済ませたあと、いくえさんに促され、そのカフェの2階に行きました。

するとそこには、ビジネスマンが何人も座っていて、それぞれが勉強をしていたのです。

 

いくえさんが、

「仕事が終わって、お酒飲んで、携帯ゲームして。そんな人ばかりが全てじゃない。こうやって何歳になっても、人知れず努力を積み重ねている人たちが、事実として居るの。」

と、小声で言っていましたが、私は目の前の光景に、何か頭を殴られたような気になったのを覚えています。

 

『何歳になっても、人知れず努力を積み重ねている人たちが、事実として居る。』

・・・目の前に、こうして居る・・・。

 

 

 

こういった感じで、私にとっては、日々、新しい事実を見せられ、考える時間を与えられていました。

 

あの時からの時間があったからこそ、今、県外でもお仕事をいただけているのだと思うのです。

 

 

最近は、高校生アスリートに向けた活動も始めています。

恩師を頼り、ご厚意で、部活道のお時間にお邪魔しているのですが、

その恩師も、自分が経験したことのないスポーツの顧問を、もう長くしておられます。

 

いくえさんが、活動の帰りに、私にこう言ったのです。

「先生も、もの凄い苦労と努力をしてきたはずよ。未経験なのに、そのチームの監督をしなければならない。他のチームから、馬鹿にされることもあったと思う。時には、保護者からのクレームもあったかもしれない。もしかしたら、今のあなたの年齢くらいのときから、その苦労を味わっているのかもしれないよね。それでも、先生は腐らずに、逃げずに、向き合ってきたから、今があるんだと思う。」

 

確かに、その通りだと思いました。

自分が先生の立場だったら・・・腐らずに逃げずに向き合っていけるだろうか・・・

 

 

『人知れず努力を積み重ねている人たちが、事実として居る。』

 

 

価値観は、環境にも左右されます。

自分の価値観によって、思考も判断も選択されているのです。

価値観が広がれば、思考や判断の選択肢も広がっていくのだと、本当に実感しています。