· 

小説よりも奇なり。『核心』


それから、3度目のことだったでしょうか。

 

いくえさんは、ついに私の核心に迫ってきたのです。

 

「あのさぁ・・・。 

死にたいと思ってるでしょ。」

 

え・・・

 

「もうどうでもいいと思っているでしょ?

高校卒業して、今まで、人並みにいろんなことはしてきたのかもしれない。

でも、それが、何一つ、あなたの中で糧になってないんよ。

わたしからすると、あなたのこの20年は、真っ黒な空洞にしか視えない。

本当に、ここまで糧にならないことがあるんだな。

と、わたしもビックリしてる。」

 

いくえさんは、淡々と私に言葉を投げかけます。

私もそれを聞き入れるのです。

まだまだ話は続き、

 

「たぶんね、早くてあと5年だね。

まぁ、自分から死のうとするのか・・・

もし、そこで死にきれなかったら、10年後かな。

50代に入ったら、たぶんなんか病気かなぁ?

まぁ、死にかけてるね。」

 

 

ここまで言われて気づいたのですが、私はこの話を聞きながら、

「あ。そうかも。」

「死にたかったのかも。」

「もうどうでもいいと、確かに思っていたかも。」

と、自分の中の自分に話しかけていたのです。

 

 

さらに、彼女は続けます。

 

「初対面の時ね、思ったのよ。

『この人、わたしのことを知ってるはず・・・』って。

あなた、たぶん前世、女の子だったと思うよ?

たぶんね、遊女だったんじゃない?

でも、花魁にはなれなかったね。

そんな環境の遊女でもなかったはず。

待遇の悪い環境にいたと思うなぁ。

わたしの『2つのストーリー』読んだ?

あの中で、『高尾は、妾から、博多の遊女街に追放される』ってあるんだけど、たぶんそこで、わたしを見てるんじゃないかな?

だって。じゃないと、普通に考えておかしいでしょ。

初対面の時から、わたしのことを100%信用してる。

わたしのことを知らなきゃ絶対にそんな思いにはならないもん。

それから、今でも、あなたの心?魂?は、

半分女の子だと思うんだけど・・・。

わたしには、女の子にしか思えないんだよね。

もちろん、性対象は異性だと思うよ。

なんていうのかなぁ。脳が。というより、心?魂?の部分なんだよね。」

 

 

私は、ハッとしました。

そう。私はどこか女性だと、幼いときから自覚があったのです。

でも、両親にも言えなかった・・・

小学生の時に、父親に「ピアノを習いたい」と言ったのですが、私の言葉に食い気味に

「いいか。男たるものは、野球をするものなんだ!!!」と、父親に言われたのです。

あのときの、私にとっての『人生』に対する諦めは、凄まじいものだったのかもしれません。

 

 

さらに、

 

「でね、初対面の時、3時間くらい話したでしょ。

わたしね、会う前からあなたのインスタグラムを見て、あなたの顔は見てた。

そのときから、あなたのことは、『見せかけの見栄っ張りな生き方しかしてない』と感じた。あなただけじゃない。あなたの環境が全部そうなんだと思った。

悪いけど、わたしはそんな環境の人と関わることなんて御免だから、しょうもない話に付き合って、はい、さよなら。と思っていたんだよね。

でもね、2時間半が経とうとしていたときかなぁ。」

 

・・・私も、その話に聞き入りました。

 

「・・・あなたの魂がね・・・。

あなたの魂が、急にわたしの両腕を掴んで離さないんよ。

わたしの両腕を掴んで、

『こんなんじゃダメなの!!』

『生きなきゃダメなの!!』

『助けて!!』

って。

・・・今でもずっと掴まれてるんだけど。

わたしは気づかないフリをしたのよね。

でも、3時間経ってあなたが帰ろうとしたときに、わたしは、あなたの腕を掴んで『よく生きてきたね』と言いたかった。

そう行動に移そうかと思った。でも・・・

『いやいや、コイツどうせ死ぬしな。

死にたいと思ってるんなら好きにすればいい。知ったこっちゃない!』

と思って、やめたんだよね。(笑)」

 

 

・・・笑えなかったです。

でも、わかったのです。私は死にたいと思ってた。

でも、それは生きたいからこそ、

死にたいと思っていたということに。

 

 

「わたし、今まで10人以上の特別コンサルをしてきてるんよ。

無償で。なぜ無償か?って、金額にしたら年間3億円の値段をつけるよ。

でもね、3億円を請求しても誰も支払えない。

じゃあ、支払えないから、やらないのか?

そういうことじゃないと思うんよ。

誰も支払えないかもしれないけど、

わたしは3億円の価値があると思ってやってきた。

わたしがやりたいとかでもない。

だって、わたしになんの報酬もないし。

自分の時間を四六時中、その人のことに目を向けるわけよ。

わたしの生活もある。

その生活も維持しつつ、他の人の人生にも関わる。

そんなこと、わたしの他に誰ができる?

でも、やらないといけないと思ってやってきた。

だから、少なくとも関わってきた人たちは今も元気に生きてる。

みんな、死のうとしていたんよ。

それでも、今は心から生きることを選択してる。」

 

 

いくえさんの言葉には、偽りなど微塵も感じませんでした。

それどころか、どこか怖さを覚えたのです。

 

 

その日の夜、

いくえさんの両腕に、本当に掴まれたようなアザができていました。

写真で見せてもらいましたが、私も疑いませんでした。

 

 

 

とある日、

いくえさんが、私の施術を受けに来ました。

私は緊張のあまりに、ソワソワしていて、

地に足がついてない状態を再現しているかのようでした。

 

 

整体を受けたあとに、いくえさんが私に、

 

「あなたの施術は、凄いかもしれない。

あなたにしか出来ない施術だと思う。

今までわたしも、いろんな施術を受けてきたけど、この感覚は初めて。

特に、首を触った時の、あなたの手は本当に凄いと思った。

そりゃあ、あなたのファンはたくさんいるだろうね。

これで4,000円なんだから。」

 

 

私はとても嬉しかったです。

自分の施術を真っ向から認められた気がしました。

ですが、最後の料金のところが、やけに頭に残ったのです。

 

 

さらに後日、

いくえさんは、私にこう話したのです。

 

「わたしは、前に『あなたの20年間が空洞』だと話したけど・・・。

いや、あなたは8歳の時から、何かが止まってると思うんだよね。

8歳の時に何かあった?」

 

 

・・・8歳?

あ・・・。そうだ。私は、8歳から野球を始めたのです。

野球を始めて程なく、前述した『ピアノ』の件もありました。 

 

 

私がやりたいと思うことが通ることは一切ない。

それが私の生きる道。

 

そう8歳の私は悟ったのだと、今ならはっきり言えます。

 

 

いくえさんに、私の思いを全部話しました。

 

 

いくえさんが私に、

「アダルトチルドレン(AC)って、知ってる?」

と聞いてきました。

 

私は知らないと答えると、

「ちょっと、調べてみて。」

と。

 

自分の携帯ですぐに調べました。

・・・

すべて当てはまっていて、ビックリしました。

 

 

いくえさんは続けます。

「たぶん、あなたはアダルトチルドレンの要素を持ってると思う。

それから、おそらく少し、発達障害の部分もあるかな。

わたしは医者じゃないから断定はできないけど、傾向はあると思う。」

 

 

 

いくえさんが、発達障害に関する本を見せてくれました。

指定されたページを読んでみると、まさに当てはまります。

でもこれは、実は自分でも自覚があったのです。

授業中じっとしていられなくて、本当に大変でした。

目に入る、耳に入る、そういう感覚的なものがあるとそればかりに気を取られ、集中できなくなる。

私はそれを周りに気づかれたくなくて、大人になっても、ずっと自分をごまかしてきたのです。

 

 

いくえさんが、

 

「発達障害は、きちんと学んで、きちんと把握していれば、その特徴を生かして社会で活躍することができる。

でも、まだまだ、保護者にその知識が乏しい。

だから、子どもの才能も摘み取ってしまう。

子どもの才能を生かすも殺すも親次第。」

 

と、話したのを聞いて、納得しました。

 

 

そうです。私も含めて、勉強しないのです。

大人になると、平気で勉強しません。

 

さらに、私はお酒を毎日、浴びるほど飲んでいました。

 

そのきっかけも私の環境にありました。

 

その環境が精神的な虐待に繋がっていたことを

私は知らなかったのです。

 

 

 

いくえさんが、

 

「うーん。。。8歳からだと30年かぁ。

30年の時間を取り戻さないときっとあなたの魂は磨かれない。

正直、わたしは乗り気じゃないんよ。

30年分よ?面倒くさい。

 

だけど・・・どうする?」

 

 

この、「どうする?」ほど怖い言葉はありませんでした。

なぜなら、それまで私は「諦めていた」からです。

考えることなどしていなかったのです。

考えるフリをして、周りの言いなりでした。

 

 

「どうでもいい。」

ただただ、ちゃらんぽらんに生きることしか私にはできなかった。

だけど、馬鹿にされたくなくて、そのちゃらんぽらんにメッキを張り巡らせ、見栄だけの生活をしてきました。

 

 

今考えても、

自分の、『時間』と『お金』の遣い方には、悔しさしかありません。

 

ろくに自分に投資せず、まともな話もできず、知識のアップデートすらしてこなかった。

今これを書いているだけでも、ここにあるのは、恥ずかしさと、悔しさです。

 

 

「どうする?」

に対して、私の答えは一択でした。

 

・・・やりたい!

 

 

私は、いくえさんの特別コンサルティングを受けたいと伝えました。

 

私は、その時『生きたい!!』と思ったのです。

この短い期間でさえ、いくえさんのそばにいたら、同じ景色がこんなに違うなら、この先は、どんな景色になるのだろう?

 

 

いくえさんは、こう言いました。

 

「わかった。ならば、最初の課題は、

『NOを伝えること』。

いい?

あなたは、自分でNOを言わなかった。

その結果がこれ。」

 

 

その通りです。

NOは言えないと自分で決めた。

そのうちに、NOを言うことが怖くなっていたのです。

 

 

「全員から好かれようとすることは、地獄の始まりだから。」

 

 

・・・はぁ。生き地獄だったなぁ。。。

 

 

「アダルトチルドレン(AC)の部分は、きっと克服できるから。

発達障害のことは、まず自分がちゃんと受け入れること。

それから・・・。」

 

 

それから?

 

 

「いい?あなたはもう独りじゃない。

もう、独りでがんばろうとしなくていい。

 

今まで、よくがんばってきたね。

よく生きてきたね。」

 

 

 

涙が出るほど嬉しかったです。

自分にとって「ダメなところ」だと思っていた部分でさえ彼女は認めて受け入れてくれたのです。

そう感じることができたのは、この時が人生で初めてでした。

 

 

いくえさんはいつも言います。

「良し悪しなんて、どうでもいい。

そんなところの次元で話をしているんじゃない。」

 

 

同じ景色でも、彼女にはどんなふうに視えているのだろうか・・・

 

私は、いくえさんの次元にもっと近づいてみたいと思いました。

 

 

 

(つづく)